アルカについて

グループ診療

アルカの大型調剤薬局構想には、大きな夢とこだわりがあります。

変化に順応できる薬剤師像

私たちの国の薬剤師は欧米のような社会的地位には達しておりませんが、わが国の事業制度の歴史からみて、まだ発展途上にあるというのが現実です。しかし、社会的な地位や職能評価というものは本来自らが勝ち取っていくべきものであり、それを社会が追認するのが通常の形であると考えています。制度や分業もむしろ国から与えられた部分が大きいというのが現状です。調剤薬局における薬剤師が一人立ちし、文字通り自らの手で地位を勝ち取るという意気込みが必要となってくるでしょう。

私たちアルカ調剤薬局ではオーダーメイド医療等々の時代の変遷は確実に活動分野が拡大すると考えています。サプリメント、栄養相談、在宅医療、介護、アレルギー・生活習慣病などの負荷サービスも想定できます。そこに進んで飛び込んでいく気概があれば、調剤薬局における薬剤師の未来は限りなく明るいものになるはずです。

大きな職場・文化・安心を創る。

医療現場の状況は、高齢化、患者様のニーズの変化、医療改革等にさらされ、急激に変化しています。調剤薬局における薬剤師は調剤業務にとどまらず、チーム医療の一員として、より積極的な患者さんへのかかわりが求められています。医薬分業は、病院・診療所は診察・注射など医療行為に専念し、また薬に関しては保険薬局で薬歴管理や服薬指導などを行い医療の質を上げていくことも目的の一つとされています。病院に勤務する薬剤師は入院患者の調剤や服薬指導に重点を移し、外来患者については院外処方箋の発行に切り替えられる傾向が急速に進んでいます。アルカ調剤薬局が指向する「大型薬局・グループ診療」の理念とは、病院での業務が調剤薬局でも可能なように、グループ診療による調剤・服薬指導を患者さんを中心に、医師・薬剤師・管理栄養士を配置することです。そのためには個々の薬局が大型の調剤薬局でなければならないのです。

アルカだからできること。

薬剤師に文化あれ! アルカ調剤薬局は約束します。『患者さんにも、働くあなたに対しても、不安のない薬局を創出することを』 そのために、一人ひとりの調剤スキルの向上を目的として、処方箋の徹底解析を独自の方法でマニュアル化しているのです。アルカ調剤薬局は、これから起こる様々な変革の中で、確かな目と静謐な志を持った人となるべく、考え方にこだわりを持っております。信頼される人がいてこそ、信頼される調剤薬局づくりが可能です。アルカ調剤薬局は、真摯な態度で患者さんの悩みに接し、命と心を吹き込むのが薬剤師の仕事であり、そのための感性豊かな人間性が重要な資質であると考えます。

生き残れるか、今の薬剤師の資質!

医療現場の状況は、高齢化、患者様のニーズの変化、医療改革等にさらされ、急激に変化しています。調剤薬局における薬剤師は調剤業務にとどまらず、チーム医療の一員として、より積極的な患者さんへのかかわりが求められています。医薬分業は、病院の入院患者への処方の移り、院外処方へと移りつつあります。アルカ調剤薬局が指向する「大型薬局・グループ診療」の理念とは、病院での業務が調剤薬局でも可能なように、グループ診療による調剤・服薬指導は患者さんを中心に、医師・薬剤師・管理栄養士を配置することです。そのためには個々の薬局が大型の調剤薬局でなければならないのです。